2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
同じだったんだ・・・
- 2014/07/14(Mon) -
    今回自作のアルバムノートを、作る際に見かけた記事の内容が

    ルウの症状の進行と 同じ様で、驚きました。


    この病気は段階毎に、呼吸、心臓 腎機能、肺水腫、脳、と進み、

    その進行状態に合わせて 薬が増え食用が無くなり、そして亡くなるという・・・

   
     同じ症状でも、進行の違いが有るのでしょうが、余りにも

     ルウと、似ていて、「 先生の言った事は本当だったんだなぁ

     そして、ルウは本当に限界を超えて頑張ったんだなぁ 」 って。

     因みに、その、同意点を挙げると




    
    
     ( ルウ )                                      
4ヶ月で心不全と肝臓の数値が少し後から
出て来るだろう。運動は控えて宣告・五歳頃咳で気付きました、僧帽弁閉鎖不全

 気管虚脱 気管支拡張剤・毎日3000円位の薬を服用 

 僧帽弁閉鎖不全=利尿剤追加           ・     

 腎機能障害・肺水腫=咳が続き、座ったま下を向き動かない 
 なんとか、なんでもいいから食べて欲しい。 

 膵炎・絶食絶水を長く続ける。この頃には水の量も制限され     
 出してトイレの水も飲みたがるほど 。でもそうすると心臓にエネルギーが
 行かなくなり悪化。心臓を良くしようとしたら食べなくてはいけない。でも
 膵臓は食べ物も水も受け付けず吐き吐いては心臓に負担を掛ける。
     

 脳障害=血栓が脳に飛び脳梗塞に。詰まった側の脳機能障害点滴側の
 足が下ろせなくなり、ふら付き補助が必要に。先生に延命か自然死かと言われる。
 延命を選択。点滴開始。毎日朝点滴夜迎えの日々。

 酸素発生機械を借りて家で吸う夜中に何度も苦しそうな咳が起こり夜中に
 何度も病院に駆け込む様に。 

 オシッコも、ままならず、シートを彼方此方に広げる。

 最後の初詣 そして点滴に行く前に11年通い続けた公園でふら付き補助を
 受けながらも最後の散歩。

 点滴を終え 帰り夜中になってから、又咳が出る。一番酷い咳き方で慌てて、
 病院に行こうと準備中に亡くなる・・・といった感じで逝ってしまいました。

その方のワンちゃんも、腎機能障害の後も、いろいろ病気が重なり薬の量が増え、
そして亡くなってしまったようです。

最後辺りは違いますが、大まかな進行状況は同じでその方も私も早い時期から、
気管虚脱に気付き対処して来ましたが、限界が来たようでした。

5歳の頃 告げられ、それから6年間も、ルウは頑張ってくれました。4ヶ月の頃の時、
診断を受けてから、この子長くは生きられないんじゃ?と考えていましたが
11年もの間 苦しい治療にも耐え生きてくれました。                                 

                               

ブログを振り返ってみると、いろんな病気をブログ書く前から
繰り返して来て、病気で通院してない月の方が多かったけれど
それも、ルウが生きてくれた証みたいなものですもんね。

「 ブログランキングに参加しています。」よろしければオレンジクリックお願いします。」                      
                     





















  

  
スポンサーサイト
この記事のURL | ジョリー・ユウ・ルウ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あれ?無い | メイン | アルバム>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tototomoeruu.blog15.fc2.com/tb.php/875-e871db1a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。