2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「永遠の贈り物」 の続き
- 2009/05/20(Wed) -
    「ルウ」 が亡くなるまでに先生に言われてた事は、

    「もう治る事は無くー後は少しでも延命させる為に

    毎日朝から夜まで点滴を続けるか、残りの日々を

    家で過ごさせてやるか考えて・・・」 とゆー話だった。


    どちらがいいのか家族も本当に悩んだけれど延命を選びました。

    でも点滴をしても毎日吐いて吐いて・・・

    吐くのに水を欲しがってトイレの水まで(飲んだ事なかったのに)

    欲しがる姿、発作の様に苦しそうに吐く姿に、少しでも延命をー

    と点滴を続けて来たけど、本当に、それで良かったの?

    ルウの表情も、だんだん無くなっていくし・・・と。

    そして来た、ルウの最後の日・・・

    ルウが最後の発作を起こした時、思ったんです・・・
    「こんなに苦しむのなら、もうー 点滴も効いてないやんかー!」

    って・・・そう思った途端、最後に吐いて・・・ルウの体が崩れ落ちました・・・

    私は、ルウが亡くなってから、ずーっと、その事が頭に引っ掛かっていました。

    良く聞く様に 「もういいよ」 と言うと亡くなった話・・・

    私が望んだから、ルウも逝ってしまったのでは?こんな私は、もう犬飼う資格なんて

    って、いろんな事を考え、いろんな本を読んでは、考え込んでいました。

   
    その時目に止まったのが、「旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと」

    「永遠の贈り物」 でした。読むと、ルウも、テーマを学ぶ為、それを学べる

    我が家に来たという事。だから、「こんな家で・・・」 と悩んでたけれど、

    その 「こんな家」 を選んで学んで帰って逝ったと、ゆー話。なら、「こんな

    我が家でも良かったんだー」 って思えて、”ホッ”と出来たんです。

    自分を正当化したいからかもしれませんし本の内容が本当なのかも分りませんが

    とにかく私は、この本に、本当に救われた気がしました。なので、亡くなった子を持つ方・

    その時が近いと感じてられる方ー一度読んで下さい。ホントに、お勧めです。

    「ルウ君、いっぱい、お勉強出来た? 」

    たくさん・まなんだのよー


「ブログランキングに参加しています。」よろしければオレンジクリックお願いします。」
                      
                     



スポンサーサイト
この記事のURL | ルウ+花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<朝顔って・・・ | メイン | インフルエンザが、じわじわと~>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tototomoeruu.blog15.fc2.com/tb.php/532-fc38a3bb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。